前へ
次へ

薬を食前や食後などに飲む理由を知っておく

市販薬には用法が書いていて、いつ飲むかなども記してくれています。
薬局などでもらう薬にもやはり食前や食後等が書かれています。
食後と食直後とが書かれていると迷いそうですが、食後は食後30分後ぐらいを意味していて、食直後はまさに食後すぐに飲むことを意味します。
もちろんこれらを守る必要があります。
良く聞くのは胃での消化の関係があるとの話でしょう。
胃で消化吸収させたいときは食前に飲み、腸などで消化させたいときは食後などに飲みます。
実際には他にもいろいろな事情があるようで、安易に自己判断をしてはいけないことがわかります。
食後にだと吸収がゆっくりになるために多くの成分が吸収されやすく問題になることがあります。
その他食事に関連しては血流量が増加したり胆汁酸が影響するときがあります。
食後だと血流が多くなるので薬の成分がより行き渡り過ぎて問題になるときがあり、その影響を減らすなら食事の影響が少ない食間や寝る前などになるのでしょう。
胆汁酸は脂っぽいものを食べるときに出やすく、それが薬に影響してしまうときもあります。

Page Top