前へ
次へ

子どもに対する薬の適量の計算方法

病気に対する治療として薬を用いることがあり、大人も子供もかかるような病気であれば同じ薬を使うことがあります。
ではその時に大人に投与するときと同じ量の薬を投与していいかの問題が出てくるでしょう。
一般的な薬は大人が飲むのに適した量にされていて、子供には多すぎるときがあります。
薬は病気を治療する目的で利用しますが、ほとんどの薬において副作用があり、さらに効きすぎると逆に体に悪くなるときもあります。
ですから、いかにその人に合った量の薬を投与するかが大事になります。
市販薬はある程度用法が定められていますが、医療機関などでは医師や薬剤師がその時の状況に合わせて処方をします。
良くあるのは年齢によって計算する方法で、12歳以上かそれ未満かで割合計算などをして量を決めます。
それ以外にわかりやすいのは体重を利用する方法でしょう。
さらに使われる方法として体表面の面積の割合で決める方法があります。
体が小さいほど体表面の面積は狭いので、それに応じて薬も減らされます。

Page Top