前へ
次へ

妊婦が薬を利用しない方がいい理由

女性が妊娠をするといろいろな変化が見られます。
分かる変化としてはつわりなどの体調変化がありますし、子供が大きくなれば少しずつお腹が膨らんできます。
それ以外にもいろいろな変化が体の中で起きているとされ、妊娠をしていないときと同じような対応では問題が出てくるときがあります。
風邪や頭痛の時に市販薬を利用する人がいるでしょうが、妊娠をしているときはあまり飲むのは良くありません。
まず妊娠初期においては子供の催奇形性の問題が出てきます。
体に一定の異常を持ったまま生まれてくる可能性があります。
妊娠をしているかわからずに飲んでしまうこともあり、注意が必要でしょう。
ある程度妊娠期間が過ぎれば薬による催奇形性の問題は減ります。
それ以降は胎児に対する薬の影響を気にしなければいけません。
妊婦は大人なので大人として薬を飲むでしょうが、それが胎児にもダイレクトに届く可能性があり胎児の体に負担をかけてしまいます。
独断での使用は避け、医師の措置を仰いだ方がいいでしょう。

なみよせ鍼灸接骨院は施術実績の豊富ですので安心して治療をおまかせできます

http://www.onodaclinic.com/
オノダクリニックでは、症状に応じて大学病院などの医師と連携を取りながら治療する場合もあります。

京都 整体

最適な矯正歯科治療の提案【プルチーノ歯科四日市】
今の歯並びを確認しキレイな歯並びへと治療します

Page Top