写真コンテストの概要・結果
伊勢町祇園祭の魅力
アクセス
上之町の紹介
中之町の紹介
下之町の紹介
≫八木節
千人踊り
≫伊勢若神輿
≫伊勢若イベント
下記のQRコードから携帯サイトが
御覧いただけます。
中之条町や四万温泉などのリンク集
です。≫リンク集へ
ホームへもどる

伊勢町の八木節

...................................................................................................................................................
八木節と聞くと、桐生などが有名です。しかし「伊勢町の八木節」も オリジナリティーに溢れています。私達の町である中之条町からは、 1人の総理大臣が誕生しています。故・小渕恵三元総理です。 「小渕総理」と「八木節」、全く関係はないと思われがちですが、 「伊勢町の八木節」の歌詞は小渕総理が就任した年以来、歌詞が 「小渕恵三氏バージョン」として、歌われています。小渕総理の 在任中には、私達の先輩方の選抜隊が首相官邸で八木節を披露して います。これは当時の上毛新聞の一面にも連載され、県内外へ報告 されました。

八木節の歴史と特徴

...................................................................................................................................................
そんな私達の八木節の歴史は木崎音頭から派生したといわれ 堀込源太氏が広めた御囃子といわれています。 大正初期より踊られています。以前は隣町である東吾妻町でも 踊られていました。
伊勢町まつりでは当初より花笠踊りで、かつ輪踊り。これは 「伊勢町の八木節」の大きな特徴です。現在では、下は中学生からの 伊勢町の若い衆およそ300人が音頭車を中心に元気よく踊ります。 宵まつりで2回、本祭りで3回踊られます。本祭りでの最後の 八木節で花笠を天になげる瞬間はまさに圧巻。伊勢町祇園祭のクライマックス として、大変見ごたえがあります。


※当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。