前へ
次へ

高齢者が薬を飲むときに注意すること

高齢になると病気になりやすく、時には入院をするときもあります。
入院など医療機関にかかりながら投薬を受けるときは専門家がそれぞれの人に合わせた処方をしてくれます。
高齢者は大人だからと単に通常通りの処方をするのではなく、内臓や血液の状態などから適切な量を処方してくれます。
ちょっとした不調時に利用しやすいのが市販薬で、ドラッグストアなどで自由に買えるものも多くあります。
用法を見ると大人と子供しかなく、高齢者は大人の用法を見て量やタイミングの調整を行うでしょう。
しかしこの方法だと効果が得られにくかったり逆に効果が出過ぎるときもあります。
高齢になってくると体の色々な部分が老化するため、本来の大人と同じ働きができていないときがあります。
胃においては胃酸の分泌が低下して吸収力が弱まったり、作用が遅れることがあります。
高齢であるなら一応薬剤師に相談をすると良いかも知れません。
その人に合った飲み方を教えてもらえます。

Page Top