前へ
次へ

本で医療に関する情報を集めるときの注意

体に異変があるとそれに対する情報を得たいと考えるでしょう。
自分自身に病状があるときだけでなく家族にあるときも情報を集めたいかもしれません。
インターネット上でも一定の情報がありますが、情報の出所がはっきりしないものもあり間違った情報をつかみやすいので注意が必要でしょう。
一方で書籍の情報は比較的出どころがはっきりしています。
本には著者がいるので、誰がその情報元になっているのかがわかります。
医療情報であれば医師やその他の医療関係者が執筆していることが多くなります。
専門家が書いている書籍であれば何らかの解決策を見つけられるかもしれません。
本から医療情報を得ようとするときに行いたいのは、偏った情報にならないようにしましょう。
つまりは同じ著者の本ばかりから情報を得るのはやめた方がいいでしょう。
同じ著者だと同じ視点からの意見になってしまい、その火との意見に誘導されてしまうかもしれません。
いろいろな専門家の情報を得た方が良い時もあります。

Page Top